いろはだ化粧水 合わない
女優の広末涼子さんもCM出演しているいろはだ化粧水を使っても、肌に合わないと低評価をつけている人がいます。

多くのメディアで高く評価されており、老化のサインであるくすみを解消し、透明感のある肌へと導いてくれると人気が高まっているのにも関わらず、なぜ一部から肌に合わないといった声があがっているのでしょうか?

単に肌に合わないだけならまだしも、もし肌に合わない原因が副作用なのであれば、これからいろはだ化粧水を使ってもいいのか躊躇してしまいますよね。

いろはだ化粧水が合わない人の特徴はあるのでしょうか?

それとも本当に副作用が出てしまっているのでしょうか?

肌質によっては化粧水のタイプが合わないことも

いろはだ化粧水は2種類あり、しっとりタイプともっとしっとりタイプと選ぶことができます。

より乾燥がひどいのであれば、もっとしっとりタイプを選ぶことで乾燥を防ぎ、くすみを解消することができるのですが、選択を間違えると肌質に合わないことも。

極度の脂性肌の人がもっとしっとりタイプを使ってしまうと、皮脂膜が出過ぎてしまって顔がさらに脂っぽくなってしまうだけでなく、ニキビなどの肌荒れを起こす原因となります。

また、乾燥がひどいのに、しっとりタイプを使っても思うような効果を得ることができないと同様に自分に合ったタイプのいろはだ化粧水を選ばないと効果がない、自分には合わないと感じてしまう恐れがあります。

本当の自分の肌質は何なのかしっかり見極めてから、しっとりタイプ、もしくはもっとしっとりタイプを使い分けましょう。

副作用が出ることはあるの?

単に選ぶタイプを間違っただけならいいのですが、副作用が原因で肌に合わないことはないのでしょうか?

いろはだ化粧水に配合されている成分は全て安全性が保証されているので、副作用が起こることはありません。

ただし、いろはだ化粧水にはマンダリンオレンジ果実エキスやクダモノトケイソウ果実エキスなどの果実エキスが含まれているので、これらの成分に該当するアレルギーをお持ちの方はアレルギー反応を起こす危険性があります。

何らかの果実エキスにアレルギーがあるなら、アレルギー反応が出てしまう恐れがあるので、残念ながらいろはだ化粧水の使用は控えましょう。

どうしても肌に合わない場合は

肌質に合ったタイプのいろはだ化粧水を選んでいるし、自覚しているアレルギーもないのにどうしても肌に合わないことはほとんどありませんが、万が一それでもいろはだ化粧水が合わないのであれば、自覚していないアレルギー成分が入っている可能性もあります。

アレルギーは大人になっても自覚症状がないものも多く、子供の頃は平気だったのに大人になってからアレルギーが発症するケースも少なくありません。

自分では自覚していない成分がいろはだ化粧水の成分に含まれている可能性もゼロではないので、どうしても肌に合わないのであれば、一旦いろはだ化粧水の使用をやめて、病院でアレルギー検査を行うことをおすすめします。

肌に合わないくらいならまだいいのですが、症状が悪化してすると大きな肌トラブルを起こす原因になるので、無理に使い続けないようにしてください。

いろはだ化粧水はお値段もお手頃ですし、くすみケアに効果があり、口コミでも人気なので自分にあっていればいのですが、様々な理由からどうしても自分の肌に合わないこともあります。

自覚していない成分が原因でアレルギーを起こしてしまう危険性もあるので、いろはだ化粧水を使ってどうしても肌に合わないのであれば、無理に使わずに一度使用を中断してください。

いろはだ化粧水は年齢肌に潤いを与えて気になるくすみを解消できる化粧水です。

肌に合わない可能性があるのであれば、まずはいきなり顔に塗らずに腕に塗ってパッチテストを行いましょう。